1. 全身脱毛DX
  2. 脱毛の疑問
  3. 全身脱毛サロンや医療脱毛クリニックは安全なの?

全身脱毛サロンや医療脱毛クリニックは安全なの?

脱毛をやってみたいけど安全性は大丈夫なの?なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

脱毛の安全性、自己処理の安全性についてチェックしていきましょう。

脱毛って安全なの?肌トラブルの可能性

脱毛をしていて肌トラブルが起こるとしたら次の3つです。

火傷をする

特にレーザー脱毛で起こりやすいのが火傷。日焼けをしていたり、肌が乾燥していると火傷しやすくなるため、脱毛サロン、医療脱毛クリニックでは保湿ケアをしっかりするようにしつこく言われます。

また、日焼けをしている肌には脱毛できない、と言われることが多くあります。

もし脱毛をしているときに火傷をした、ということがあっても、クリニックであれば医師がおりますし、多くの脱毛サロンは医師と提携していることがほとんどですので、過度に心配しなくても大丈夫です。

硬毛化、多毛化、増毛化が起こる

硬毛化とは産毛のような細い毛が、太い毛に変わること、多毛化、増毛化とは、毛穴が活性化して毛が増えることです。

硬毛化、多毛化、増毛化のはっきりした原因はわかっていませんが、レーザーなどの刺激が毛穴を活性化させるのではないか?という説があります。

また、強い刺激を与えることによって、毛が負けないようにしっかり生えてくる、なんてことも言われたりしているようです。

とは言え、硬毛化が起こるのは全体の10%ほどということでこちらもそれほど心配する必要はありません。

脱毛サロン、医療脱毛クリニックでは、硬毛化が起こった場合に、追加照射をしてくれる保証などがあったりしますので、カウンセリング時にそういった保証があるか確認しておきましょう。

また、硬毛化、増毛化、多毛化は家庭用の脱毛機でも起こりえます。

ニキビや毛嚢炎の発生

脱毛をすると肌が一時的に敏感になり、ニキビや毛嚢炎が起こりやすい状態になります。
毛嚢炎とは、毛穴の奥に細菌が入り、炎症を起こすことで起こります。

脱毛後は肌を清潔に保つようにしましょう。

各脱毛サロン、医療脱毛クリニックでの対策としては、脱毛サロンでは保湿対策を、医療脱毛クリニックでは炎症止めの薬などが処方されています。

ピルを服用していても脱毛可能?

ピルを服用している方でも、基本的には脱毛は可能です。

ただし、ピルを服用している方は、下記のようなことが起こる可能性があることを認識しておきましょう。

  • 肌が過敏になる可能性がある
  • 稀にピルの副作用で色素沈着することがある

また、ピルを使用している場合、本来の自分の毛の量よりも毛が減ることがあります。

ピルを服用中に脱毛をし、その後ピルの服用を止めた場合、「毛が増えた」ように見えることがあります。

これは脱毛に効果がないわけではなく、自分の毛の量が「ピル」によって少なくなっていた可能性があることも覚えておきましょう。

また、ピルの副作用によって頭痛や吐き気などの症状が出ることがあり、脱毛中にそのような症状が出た場合も、脱毛によって、ではなく、ピルの影響の方が大きいと考えられます。

ピルを飲んでいると脱毛効果に影響が出る?

ピルを飲んでいるからと言って脱毛の効果が出ない、ということはありません。

しかし、先ほどお伝えしたように、ピルの作用によって毛が薄くなったり細くなったりすることがあります。

そういった場合は、脱毛の効果が出るのが遅くなることがあります。

理由は、脱毛は黒いメラニンに反応させて光をあてて脱毛するので、毛が薄かったり細かったりすると毛がメラニンに反応しずらくなり、脱毛の効果が出るのが遅くなってしまうのです。

そのため、ピルを服用している場合は、メラニンに反応させるマシンではないマシンを使用している脱毛サロンで脱毛することをオススメします。

ストラッシュはSHR脱毛機という脱毛マシンを使用しており、この脱毛機はメラニンに反応させるのではなく、毛穴の内側にある発毛因子が作られるバルジという部分に熱を与えてダメージを与える方法なのでオススメです。

ストラッシュの申し込みはコチラから

肌の老化

医療脱毛クリニックで使用されるレーザー脱毛機は、毛根を破壊させ、毛を生やさなくするマシンです。

しかし、毛根には、肌を再生させる機能があるとも言われており、例えば、火傷を負った人の肌が再生するのは毛穴がある部分から再生すると言われています。

こういったことから、毛穴は肌の再生に大きくかかわっているといわれています。

そのため、医療脱毛クリニックで脱毛する場合は、肌の老化が起こる可能性があります。

脱毛機で病気に感染することはないの?

脱毛サロンや医療クリニックのマシンで感染症に感染することはほとんどありません。感染リスクが高いのは、シェーバーの使いまわしですが、最近は自分のシェーバーを準備するように言われることがほとんどですし、脱毛サロンのシェーバーを利用する場合でも、しっかり消毒をしていますので、感染のリスクは低いですよ。

自己処理の安全性は?

ムダ毛を自己処理するのにはいくつかのメリットがあります。例えば時間を気にせず好きなタイミングでできるとか、VIOなどのデリケートゾーンは人に処理してもらいにくい部分なので自己処理だと気が楽といったメリットです。

これまでずっと自己処理をしていて、なにもトラブルが起こったことがない、という方も多いと思いますが
脱毛サロンよりも自己処理の方が、トラブルが起こる可能性は高いんですよ。

自己処理のデメリット1:肌が荒れる

カミソリで処理をしていると、肌も一緒に削っている状態なので、肌が荒れたり乾燥したり、黒ずみの原因になったりします。

さらに、お風呂場でカミソリ処理をする人も多いのですが、お風呂場での処理は細菌が入りやすく、肌トラブルが起こる可能性が高くなります。

また、カミソリで処理をしていると、肌がブツブツになることがあります。

これは、カミソリで肌表面のムダ毛を切ると断面が太くなってしまうことがあるからです。またシェービングの過程で埋没毛が生まれてしまう可能性もあります。

埋没毛とは、カミソリなどによって毛穴付近に負担がかかると、ムダ毛は毛穴の中で成長を続けてしまうことを言います。見た目が毛は生えていないけど、ブツブツと黒く見えるので避けたいですね。

埋没毛は毛抜きなどの自己処理によっても起きる事がありますが、一度できてしまうとなかなか治らないものなのでぜひ回避したいものです。

毛抜きはさらに、毛穴が広がり、毛穴から細菌が入り毛嚢炎が起こりやすくなります。

また電気シェーバーなどは気楽にスムーズに処理できるのが良いですが、深剃りが苦手な分、仕上がりもあまり期待できません。

脱毛クリームも同様で、肌にクリームが合わないと炎症を起こしたりするのでパッチテストでテストをするなどの対策が必要です。

自己処理のデメリット2:仕上がりにムラがある

自己処理だとカバーできる範囲にどうしても限界があるという点があります。自分で腕や足ならまだしも、背中やお尻周囲、太もも裏などよく見えにくい範囲は処理が難しいと感じている人は大勢いることでしょう。また見えたとしても効き手じゃないとやりにくいということもあります。

こうした状態で自己処理をすると、どうしても剃り残しが出てしまったりムラがあったりで見た目がみっともなくなってしまうかもしれません。見えない箇所ならまだしも、温泉やプールなどで少し露出が多めになれば他の人にそのムラを見られてしまいかねません。

このように自己処理は気楽にできるというメリットがある半面、仕上がりに関してはあまり良いものとはならないのが現実です。

自分では処理しにくい部分もプロがちゃんとカバーしてくれますし、脱毛サロンで採用される光脱毛では肌表面のムダ毛にではなく毛根にアプローチしてしばらくして毛がスルっと抜けてくれるので仕上がりがきれいになるのです。ですからきれいな仕上がりを目指したいなら全身脱毛がベターです。

自宅用脱毛機を利用しての脱毛は安全?

自宅用脱毛機を利用しての脱毛は安全なのでしょうか。

私も自宅用の脱毛機を持っていますが、自宅での脱毛はどうしても自己流になってしまいます。

日焼けをしていても脱毛機を利用したり、サングラスを利用せずに脱毛したりと、脱毛サロンよりも出力が低いとはいえ、危ないことが意外とあります。

例えば、日焼けをしているときに脱毛することで火傷の原因になったり、サングラスをせずに脱毛することで網膜が火傷する、なんてこともあったります。

自宅で脱毛機を利用する場合はしっかり説明書でやり方を確認してから脱毛するようにしましょう。

長く脱毛していると、どうしても自己流になりがちですので、たまに説明書を読んで再チェックすることも大切です。

脱毛サロンやクリニックでの全身脱毛は自己処理よりも安全!

全身脱毛のメリットでいうと、ある意味一番大事なのがこのポイントです。自己処理というのはいつでも好きな時に行えるというメリットがあるのですが、これが実はデメリットになってしまう場合があります。自己処理でカミソリを使っている場合には特に言える事なのですが、実はムダ毛の自己処理は肌にかなり負担をかけてしまうことがあります。

カミソリは鋭い刃でムダ毛を剃ってくれますが、ムダ毛だけでなく皮膚を削ってしまうことが多いです。自分では自覚していなくても、自己処理をした結果肌が毎回傷ついてしまっている場合があるのです。カミソリ負けをして肌がぼろぼろという人もいます。

肌を美しく見せるためにムダ毛処理をしているのに、ふたを開けてみたら美肌どころか汚肌になってしまった・・ということも起こりえるのです。また女性の肌にとっては天敵である肌の乾燥は、実はムダ毛の自己処理から始まっていることもあります。肌の表面は角質層という層によっておおわれていますが、この層には肌の潤いを保つ組織がたくさんつまっています。

しかしもしカミソリなどでこの層を傷つけてしまったら保湿システムが損なわれて乾燥し、乾燥がもとでいろいろな肌トラブルにつながってしまうことがあります。さらに怖いのは雑菌の影響です。自己処理で肌が傷ついてしまい、毛穴付近で雑菌が繁殖すれば毛嚢炎などが引き起こされてしまう危険性があります。

使いまわしているカミソリなどにも皮脂などが付着していればそこに雑菌が繁殖する場合もありますが、そのカミソリですでに傷ついている肌を再び処理すればリスクはさらに高まるでしょう。そのような刺激が続けば肌を守ろうとしてメラニン色素が量産されて最終的に色素沈着が起きることすらありえます。

このように自己処理には肌の安全や美しさを損なうリスクが潜んでいるのです。しかし全身脱毛でしっかり処理すれば、単純に仕上がりがよくなるだけでなく、肌への不必要な負担をかけずに毛の処理ができるようになります。

光脱毛でも多少の肌ダメージはありますが、自己処理を重ねることによるダメージと比べれば安全です。脱毛をすることで日々の自己処理が軽減されれば今よりも肌の状態が改善することだって期待できます。もし美肌を目指したいのなら、今の自己処理をやめて全身脱毛に切り替えるのは良い選択肢なのです。

関連記事

  • 【銀座カラーvsキレイモ】全身脱毛するならどっち?

  • 光脱毛とレーザー脱毛は何が違う?効果とメリットデメリット

  • ほくろが多いと全身脱毛にどんな影響がある?

  • 未成年でも脱毛は可能?保護者の同意や同伴について徹底比較!

  • 脱毛サロンやクリニックを選ぶオススメの方法は?脱毛初心者必見!

  • 永久脱毛でよくある失敗や後悔とは?トラブルと解決方法