画像

全身脱毛にかかる料金の相場はいくらくらい?

全身脱毛にかかる料金の相場はいくらくらい?

女子が気になるムダ毛としてはやはり両ワキとかひざ下のスネ毛、VIOなどのデリケートゾーンなどがすぐにあがってきますが、毛深い人にとっては全身のムダ毛が気になってしまうのが自然です。また毛深くなくても、両ワキ脱毛やスネ毛脱毛などの部分脱毛を経験して効果を実感できたという人なら、「どうせなら他の部位もやってみたい」と思うことがあるでしょう。

でも全身脱毛と聞くと、どうしても高そうなイメージがあります。では全身脱毛はだいたいどれくらい費用がかかるものでしょうか?全身脱毛は脱毛クリニックでもできますが、出来るだけ安価に抑えたいという人の場合は脱毛サロンでの施術がオススメとなります。

といっても脱毛サロンによって料金設定は様々でキャンペーンなども頻繁に行われているので、最終的な料金は各サロンに要確認となります。でも相場を言うと、だいたい12回ほど通って20万円~30万円という料金になってきます。

ただ全身脱毛といってもサロンによっては顔やVIOなどが含まれていないことも少なくありません。顔やVIOをしっかり入れたいという人は選ぶプランを考える必要がありますが、含まれる部位によって数万円の差が出ることもあります。

脱毛サロンでの全身脱毛によくある料金システム

脱毛サロンでの全身脱毛によくある料金システム

脱毛サロンの公式サイトを見ると、いろいろな支払いの仕方が表記されているのが分かりますが、いい加減に流し読みしていると、イメージしていた料金や支払い方法とはだいぶ違うという場合があるので要注意です。分かりやすいのは一括払いです。

例えばあるサロンに「総額30万円」と書かれている場合、それを現金一括あるいはカード払い一括などで購入すればかかってくる費用は30万円となります(シェービング代やキャンセル料などは除く)。しかしもし「月額○○円」といったように月額払いについて触れている場合はきちんと支払いについてカウンセリング時に確認する必要があります。

なぜならその「月額払い」は必ずしも「毎月同じ額を払って、やめたら料金がかからなくなる」というわけではないからです。普通「月額払い」と聞くと上記のパターンを想像するでしょう。もちろんサロンの中には「文字通り毎月○○円とかを払っていき、辞めたくなったらいつでもやめられてそこで支払いは終わり」というパターンの支払いもあります。

しかし「月額制」という言葉を使うものの、実は支払い総額を単純に月単位で分割払いにしているだけというパターンのサロンもあります。この仕組みについて詳しくご紹介します。

「月額制」という名の分割払い

上記のパターンとしては例えば、「総額を24回払いとか36回払いなどにして、毎月いくら払う」というパターンがあります。毎月分割した代金を支払うので「月額制」になるというわけです。イメージとしてはスマホ代の割賦払いがこれに近いと言えるでしょう。この支払い方法の場合、ボーナス払いなどが計算されたうえで月額が提示されていることがあります。

つまり提示されている額を毎月払っていくものの、ボーナスが出た時は多めの支払いになるということです。「毎月数千円の支払いだけど、年2回のボーナス月は数万円」という感じです。もしボーナスがないのであれば、その分月々の支払い額が宣伝されている額よりも多くなる場合もあります。

また分割払いをすると分割金利手数料がかかる分、総額よりも支払い額が高くなってしまうというのもよくある落とし穴です。例えば全身脱毛の支払い総額が25万円のサロンがあったとします。このコースを一括で払えば支払い額は当然25万円です。でもそんなお金は手元にはない場合、分割払いを選ぶかもしれません。

仮に分割払い回数を36回にしたとします。そうすると毎月の支払い額が25万円÷36=6,944円になるかというとそうとは限りません。実際には分割手数料がかかるので、それを含めて例えば「月額8,000円」と提示される可能性があります。このあたりは分割手数料をサロンが負担してくれるのか、自分が負担するのかによって話は変わってくるでしょう。

また「分割手数料が○○回まで無料」というように一定回数の分割におさえれば手数料がかからないものの、それを超えると支払いが多くなってしまうという場合もあります。いずれにしても月額制と支払い総額については要確認です。

もし総額を分割して支払う場合であれば、可能な限り一括払いか少ない分割回数での支払いが望ましいと言えます。もちろん経済状況は人によって違いますし、これはあくまで料金に関しての話であって、脱毛効果や通いやすさとは別の問題です。

自分にとって支払い方が都合よければそれで問題ありません。でももし少しでも安くしたいと考えているのなら、どの方法で払うと一番安く済むのかをちゃんと確認することが大事です。ポイントとしては、ここで説明している分割方式の場合、月額料金よりもまずは各プランの総額を把握しておくことです。