全身脱毛のおすすめサロンは?料金・効果・口コミを暴く【全身脱毛DX】

脱毛するお店を決めるときに、チェックしておきたいポイントがあります。

それは、脱毛サロンと医療脱毛はどっちが自分に合っているか?
料金、効果、痛み、接客についてです。

おすすめの脱毛サロン、医療脱毛クリニックを紹介する前に、チェックしてみましょう!

ページの流れ

本当におすすめ?全身脱毛で後悔しない脱毛サロンと医療クリニックの選び方

全身脱毛する際に、脱毛サロンでするのか、医療脱毛クリニックでするのか、どちらがよいのか悩みませんか?脱毛効果の違いはもちろん、費用もかかることですから、「失敗するのはイヤ!」ですよね。脱毛サロンと医療脱毛クリニックにはそれぞれ、どんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

脱毛サロン 医療脱毛クリニック
メリット 脱毛機の出力が低いので効果を出すためには照射回数が多くなる。 効果が高いので少ない回数&短い期間で完了する。
デメリット 脱毛機の出力が低いので効果を出すためには照射回数が多くなる。料金プランが複雑なことも 1回あたりの料金が高い。
全身脱毛プランで顔とVIOが含まれていないことが多い。痛みが強い

比較する際には、自分がどんな風に脱毛を進めていきたいのかという点に重点を置きましょう。

全身脱毛は安いだけで選んでいいの?

脱毛完了までにかかる費用を比較して、安いところを選びたいですよね。特に全身脱毛はプラン料金などもやはり高額になるので、できるだけお得に済ませたいものです。でも本当に、料金が安ければそれだけでいいのでしょうか?

施術を受けても、効果がなければ追加で照射することになります。照射を増やせば、追加料金が必要になってしまいます。最初に安い料金のサロンを選んだつもりが、結果として総額は高くなるかもしれません。それでは、どうやって選ぶとよいの?という疑問が浮かびますよね。

料金を抑えるためには、脱毛効果の高い脱毛サロンを選びましょう。「でも脱毛をしたことがないから、脱毛効果がある脱毛サロンを選べない!」という方に、効果を見分けるコツがあります。

脱毛効果は、脱毛機の種類×照射レベル(出力の高さ)×スタッフの照射レベルで決まると考えてよいでしょう。この3点をしっかり比較していくと、より脱毛効果が高いところが選べます。

全身脱毛効果のあるおすすめのマシンはどれ?

脱毛効果の80%は、マシンで決まると言っても過言ではありません!
脱毛サロンや医療脱毛クリニックを選ぶ際は、どんなマシンを利用しているか、しっかり確認しましょう。

脱毛サロンで使用されているマシンの種類
脱毛サロンのマシンの種類は、IPL方式、SHR方式、S.S.C方式などが代表的です。照射の出力や、照射可能な部分(シミやほくろ、日焼けなど)などに違いがあります。このうち一番効果が高いのは、IPL方式です。IPL方式の脱毛機は、メラニン色素に反応し毛根にダメージを与えていきます。剛毛から産毛まで毛の太さを問いません。

脱毛サロンのマシンの種類 効果のある毛質 使用している脱毛サロン
IPL方式(おすすめマシン) 産毛、剛毛 キレイモ、銀座カラー、C3
SHR方式 産毛、剛毛 ストラッシュ
S.S.C方式 産毛 ミュゼ、コロリー、脱毛ラボ

医療脱毛クリニックで使用されているマシンの種類
医療脱毛クリニックで使用されている機械では、アレキサンドライトレーザーや、ダイオードレーザーなどがあります。このうち最も安心して脱毛できるのは、アレキサンドライトレーザーであるジェントルレーズプロです。ジェントルレーズプロは日本で初めて厚生省に認可された脱毛機で、毛質に合わせて細かな設定ができ、太い毛から細い毛まで対応しています。

医療脱毛クリニックのマシンの種類 痛みレベル マシンのブランド 使用している医療脱毛クリニック
アレキサンドライトレーザー ジェントルレーズプロ(おすすめマシン)(*) レジーナクリニック、アリシアクリニック
ジェントルレーズ(*) 湘南美容外科
蓄熱式ダイオードレーザー ソプラノアイスプラチナム レジーナクリニック
メディオスター リゼクリニック、湘南美容外科(男性のみ)
熱破壊式ダイオードレーザー ライトシェアデュエットレーザー アリシアクリニック、リゼクリニック
熱破壊式YAGレーザー脱毛機 × ジェントルヤグ リゼクリニック

(*)ジェントルレーズプロとジェントルレーズの違い
ジェントルレーズプロの方が、毛質に合わせた調整が可能。男性のひげなどの、太くて濃い毛も脱毛効果が出るようになった。(ジェントルレーズは太い毛にはあまり効果がない)

全身脱毛マシンの出力の高さってなに?

出力は、出力レベルとも呼ばれますが、「ジュール」という単位で高さが分かります。ジュールが高くなることで、脱毛効果も高くなるわけですね。ただし、ジュールはただ高ければよいというわけではありません。ジュールが上がると、やけどや強い痛みなどのトラブルの原因となるからです。

医療レーザー脱毛で使用しているジュールのレベルは14ジュール程度です。産毛対応の場合は40ジュール程度必要になります。10ジュール以下ではあまり高い効果が得られないといわれています。しかし、痛みに耐えられるかどうかを判断するために、少し低めのジュールで照射をスタートすることが一般的です。その痛みに耐えられるなら、徐々にジュールを上げていくことになります。

脱毛サロンでは、最大20ジュールまで出せるといわれています。サロンでも、低いジュールから徐々に上げて脱毛効果を得られるようにします。

施術を重ねると、毛は細く薄くなります。細い毛を抜くためには、ジュールを上げないといけません。産毛など、細い毛でより高い効果を発揮できるのが、出力の高い医療脱毛ということになります。

全身脱毛の痛みは?

痛みの感じ方には、個人差があります。もともと痛みに強いタイプの方もいますよね。また、毛質や肌の状態、脱毛機、施術の方法(ジェルの使用や塗り方など)によってもかなり痛みは異なってきます。ただ、脱毛サロンで行われている光脱毛は、ワキやVIOなど一部の部位を除いて痛みが少ない、あるいはほとんどないと感じる方が大半です。

医療脱毛クリニックのレーザー脱毛の痛みは、光脱毛よりも強いと考えて間違いありません。しかし、冷却ガスを噴射してから照射、肌を吸引した状態で照射など、痛みが軽減できる脱毛機も登場しています。また、医療脱毛クリニックでは麻酔を使用できます。

全身脱毛する施術の丁寧さは?

施術を受けているときに丁寧かどうか、複数回受けるものですから、大切なチェックポイントです。まず、これは施術者の技術にもつながりますが、照射漏れがあるかどうかです。照射漏れが起こりやすい機械(照射面が円形で、小さめ)というのはあります。ただ、施術時間をきっちりとって、往復するなど丁寧に照射してくれるところでは打ち漏れは少なくなります。

脱毛サロン、医療脱毛クリニックいずれでも、打ち漏れがあった場合に無料で保証があるところが多いです。ただ、照射後、毛が抜け始める2~3週間、遅くても1ヶ月以内に打ち漏れがあったことを申し出ないと、対応できないケースがほとんどです。(脱毛サロンや医療脱毛クリニックによって規定があるので、契約前に確認しておきましょう。)

他に、丁寧に施術してくれると感じるポイントに、会話があります。VIOは痛みが強い部位ですが、声掛けがあったり、会話で気を紛らわしてくれたりすると、安心感がありますね。脱毛経験が少ない方にとっては、特に重要な点ではないでしょうか。

全身脱毛おすすめ脱毛サロンランキング

1位 銀座カラー

銀座カラーの全身脱毛では脱毛し放題コースとなるため、完了まで安心ですね。全身脱毛は3つのプランから選べます。そのため「ここは脱毛完了してるんだけど」または「ここは脱毛しなくてもOK」という部位がある方も、ピッタリのプランを選べます。他の脱毛サロンで抜けなかった方も、銀座カラーなら確実に抜けたという評価も高いです。

銀座カラーで使用しているマシンは?

自社開発のIPL脱毛機。連射式で、ほくろやシミにも照射可能です。

銀座カラーの脱毛完了までの期間と回数は?

18回が完了までの目安回数となります。通常のコースなら2ヶ月に1回の照射なので、18回だと3年かかります。スピードコースでは1.5ヶ月に1回、年に8回通えますので18回なら2年と3ヶ月です。

銀座カラーの全身脱毛は顔、VIO含む?

銀座カラーの全身脱毛コースは、いずれもVIOを含みます。顔については、含むコースと含まないコースを選択できます。
顔もVIOも全部脱毛したいなら「全身パーフェクト脱毛」、顔は含まなくてもいいのなら「新・全身脱毛」か「全身ハーフ脱毛」となります。
全身ハーフ脱毛は、全身の部位の中から、脱毛したい箇所をチョイスするコースです。

銀座カラーの全身脱毛料金

銀座カラーの全身脱毛は、定額制のコースはありませんが、分割にすることで、毎月決まった料金を支払うことができます。

コース(いずれのコースも脱毛し放題) 料金
新・全身脱毛スピード脱毛コース(1年8回) 月額9,600円(全額295,000円)
新・全身脱毛リーズナブル脱毛コース(1年6回) 月額6,500円(全額197,650円)
全身パーフェクト脱毛スピード脱毛コース(1年8回) 月額12,400円(全額382,000円)
全身パーフェクト脱毛リーズナブル脱毛コース(1年6回) 月額10,000円(全額290,050円)
全身ハーフ脱毛コース(1年8回) 月額7,500円(全額237,000円)

※全身パーフェクト脱毛:顔脱毛あり
※新・全身脱毛:顔脱毛なし

銀座カラーの申し込みはコチラから

2位 キレイモ

キレイモは全身脱毛専用サロンで、顔も脱毛範囲なので余すところなく脱毛できます。通っているモデルや芸能人も多い脱毛サロンですが、回数プラン、月額プランいずれも安心価格です。また照射後に使用する保湿ローションに、引き締め効果が期待できる成分が配合されています。そのため、脱毛と美容をまとめて実現できるのもうれしいポイントですよね。

キレイモで使用しているマシンは?

国産IPL脱毛機。ほくろ、シミ、日焼けには照射できません。

キレイモの脱毛完了までの期間と回数は?

ツルツルになるまでには、16回から18回が目安といわれています。キレイモは2ヶ月に1回の施術なので、期間としては2年8ヶ月から3年となります。

キレイモの全身脱毛は顔、VIO含む?

いずれのプランでも、顔、VIOまとめて施術を受けられます。

キレイモの全身脱毛料金

キレイモの全身脱毛は大きく分けると、月額プランと、回数パックプランになります。月額プランは来店する度に支払うプランです。

月額(定額)プラン スリムアップ全身脱毛 月額9,500円
プレミアム美白脱毛 月額12,800円
回数パックプラン 6回 114,000円
10回 186,200円
12回 212,040円
18回 342,000円
脱毛し放題 350,000円

*学生パックプラン6回、12回、18回コースもあります。
キレイモの申し込みはコチラから

3位 ストラッシュ

ストラッシュは新しい脱毛システムを採用しています。全国的に店舗数があまり多くないものの、施術時間が短いせいか予約はとりやすい傾向です。SHR方式は、脱毛効果を感じるのがIPL方式などより遅めで、1ヶ月以上経ってから抜けてくる傾向にあります。そのため施術のタイミングなどによって「抜けた!」と感じず、「いつのまにか毛が減っていた」と感じる方が多いようです。

ストラッシュで使用しているマシンは?

SHR方式(蓄熱式脱毛)という新しい脱毛機を導入。痛みが少なく、発毛を司るバルジ領域にダメージを与える方法のため、毛周期に関わりなく照射できます。アトピー肌、ほくろ、シミ、日焼け肌にも照射可能。

ストラッシュの脱毛完了までの期間と回数は?

一般的な脱毛サロンでの脱毛目安回数は18回です。ストラッシュの回数パックプランで一番多い回数は、18回となっています。(脱毛し放題の無制限プランもあり)毛周期に合わせる必要がないので、2週間から1ヶ月に1回のペースで施術できます。そのため18回なら最短9ヶ月から1年6ヶ月で完了してしまいます。(ストラッシュサイトでは完了までに最短6ヶ月と記載あり)

ストラッシュの全身脱毛は顔、VIO含む?

ストラッシュの全身脱毛には顔、VIOすべて含まれています。

ストラッシュの全身脱毛料金

月額制、パックプラン、都度払いがあります。都度払いコースは脱毛経験者におすすめのコースとなります。

月額制 7,980円
回数パックプラン 6回 95,760円
10回 154,500円
12回 181,800円
18回 262,440円
無制限 369,800円
都度払い 初回21,980円(通うほど安くなる最安値14,120円)
ストラッシュの申し込みはコチラから

4位 コロリー

コロリーはミュゼプラチナムの別ブランドの脱毛サロンです。2017年にオープンしたばかりですが、店舗数も多くアクセスは抜群。全身脱毛に特化した脱毛サロンですが、大変リーズナブルで気軽に通えます。乗り換え割なども充実しているので、他の脱毛サロンで抜けなかった方にもおすすめです。

コロリーで使用しているマシンは?

イタリア製のS.S.C方式の脱毛機。痛みが大変少ないのが特徴で、1ヶ月に1回照射可能です。日焼け、ほくろ、シミには照射できません。

コロリーの脱毛完了までの期間と回数は?

脱毛サロンでは、18回がツルツルになる目安ですね。コロリーは1ヶ月に1回通えるので、最短1年半で脱毛が完了します。

コロリーの全身脱毛は顔、VIO含む?

VIOは含みますが、顔は含みません。また胸、乳首周り、お腹、ヒップ、腰、へそ周りも含まれていないので気を付けましょう。脱毛できない範囲が多いので、気になる部位が含まれていない方には、コロリーのプランは適していません。

コロリーの全身脱毛料金

回数パックプラン 12回 デイプラン:201,000円(税抜)
レギュラー:269,400円(税抜)
18回 デイプラン:286,500円(税抜)
レギュラー:389,100円(税抜)
24回 デイプラン:372,000円(税抜)
レギュラー:508,800円(税抜)

5位 ミュゼプラチナム

知名度の高いミュゼは、脇+Vライン脱毛が100円など、格安で脱毛できるサロンです。部分脱毛が充実していますが、全身脱毛にも対応しています。全身脱毛では大きく分けて3つのコースがあります。

ミュゼで使用しているマシンは?

イタリア製のS.S.C方式の脱毛機。痛みが大変少ないのが特徴。1ヶ月に1回照射可能。日焼け、ほくろ、シミには照射できません。

ミュゼの脱毛完了までの期間と回数は?

ミュゼでは12回程度が脱毛完了の目安となっています。ただ、実際にはもう少し回数が必要になる人も多いです。ミュゼは、特別会員制度があり特別会員に入会すると最短2週間に1回施術を受けられます。2週間ごとに照射できれば、半年で12回完了してしまいますね。

ミュゼの全身脱毛は顔、VIO含む?

ミュゼでは現在顔脱毛を受け付けていません。VIOは含んでいます。

ミュゼプラチナムの全身脱毛料金

ミュゼの全身脱毛料金は、契約前に公式アプリミュゼパスポートをダウンロードすれば、プランによって半額になります。アプリダウンロード価格は、回数が4回以上の契約のみ対象です。ミュゼの料金は変更されることが多いため、詳細は店舗にお問い合わせください。

全身脱毛コースバリュー 1回 デイプラン26,250円
レギュラー31,500円
12回 デイプラン144,900円(半額対象)
レギュラー173,880円(半額対象)
全身脱毛コースライト 1回 デイプラン39,375円
レギュラー47,250円
12回 デイプラン234,738円(半額対象)
レギュラー281,685円(半額対象)
全身脱毛コース 1回 デイプラン52,500円
レギュラー63,000円
12回 デイプラン315,000円(半額対象)
レギュラー378,000円(半額対象)
  • 他にも4回、6回、8回、10回、18回のプランもあります。
  • 全身まんべんなく脱毛できるコースは「全身脱毛コース」です。 全身脱毛コースバリュー、ライトは、希望の箇所をチョイスして脱毛します。
  • デイプランは平日の12時から18時まで施術を受けられます。レギュラーは全営業時間施術可能です。
ミュゼプラチナムの申し込みはコチラから

全身脱毛おすすめ医療脱毛クリニックランキング

1位 レジーナクリニック

顔とVIOを含まない全身脱毛が5回で20万円を切る料金設定です。安さに注目が集まりますが、施術の丁寧さなどにも定評があり、満足度も高い医療脱毛クリニックです。
院によってドクターが男性のことがあります。ただし、照射担当の看護師は女性、女性限定院なので待合室も女性のみで安心です。

レジーナクリニックで使用しているマシンは?

厚生労働省の認可を得ているマシンのジェントルレーズプロ、日焼けにも照射可能なソプラノアイズプラチナムを導入しています。

レジーナクリニックの脱毛完了までの期間と回数は?

回数の基本プランは5回。ただ、5回で完了する方はかなり少ないと考えられます。医療脱毛クリニックのツルツル目安回数8回で計算しておいたほうがよいでしょう。レジーナクリニックは、1.5ヶ月に1回の照射が可能なので、5回なら最短8ヶ月で完了となっています。8回の場合なら、1年かかります。

レジーナクリニックの全身脱毛は顔、VIO含む?

顔、VIOを含むコース、含まないコースを選択できます。

レジーナクリニックの全身脱毛料金

全身脱毛ライトのコースは、医療脱毛クリニックの中で最安値のコースです。安く効果を出したい!という方はレジーナクリニックがおすすめです。

全身脱毛ライト5回 189,000円
全身脱毛ゴールド5回 273,000円
全身脱毛プラチナ5回 369,000円
  • 全身脱毛ライト:顔、VIO除く
  • 全身脱毛ゴールド:顔除く
  • 全身脱毛プラチナ:顔、VIO含む

2位 リゼクリニック

脱毛専門のクリニックで、高い知名度を誇ります。脱毛機の種類が3種類あり、効果的な脱毛が可能です。トラブルや照射漏れなどの補償も充実しているので、安心して施術を受けやすいでしょう。

リゼクリニックで使用しているマシンは?

2種類のダイオードレーザーと、ヤグレーザーが採用されています。ダイオードレーザーは、産毛にも効果が高く、日焼け肌にも使える蓄熱式と、熱破壊式があるので、皮膚や毛の状態を問わずしっかり脱毛効果を得られます。

リゼクリニックの脱毛完了までの期間と回数は?

リゼクリニックの回数プランはすべて5回が基本です。ただ5回ではツルツルの状態になるまで完了する方は少ないでしょう。そのため、8回程度で予測しておくことをおすすめします。リゼクリニックで指定している脱毛2、3回目の予約は8~12週間後、4回目以降は12~16週後が目安となっています。そのため、5回完了までには10ヶ月から1年2ヶ月程度となります。8回の場合は後半さらに脱毛間隔が広くなると予測されるので、1年10ヶ月から2年程度はかかる可能性があるでしょう。

リゼクリニックの全身脱毛は顔、VIO含む?

顔、VIOを含むコース、含まないコースを選択できます。

リゼクリニックの全身脱毛料金

全身脱毛5回(顔、VIO除く) 298,000円
全身脱毛5回(顔含む) 358,000円
全身脱毛5回(VIO含む) 358,000円
全身脱毛5回(顔、VIO含む) 398,000円

3位 アリシアクリニック

アリシアクリニックは、初診、再診、当日キャンセルなどの費用が掛かりません。安心感の高い医療脱毛クリニックです。ただ、院数は全国的に少なくないものの、関東圏に集中しており、関東以外では大阪(心斎橋)と、愛知(名古屋)にそれぞれ1院ずつあるのみです。

アリシアクリニックで使用しているマシンは?

厚生労働省が認可しているジェントルレーズプロ、ライトシェアデュエットレーザーを導入しています。ライトシェアデュエットは最も痛みが少ない脱毛機です。皮膚を吸引した状態で照射していくので、レーザー脱毛機でありながらほぼ無痛を実現しています。

アリシアクリニックの脱毛完了までの期間と回数は?

5回、8回、脱毛し放題のプランから選べます。また、脱毛間隔が短いスピード完了プラン(2ヶ月に1回)と通常プラン(3ヶ月に1回)があります。ただし、5回で満足できなかった場合に単発で追加というシステムがなく、5回を再契約となってしまう点に注意が必要でしょう。解約料がかからない点を考えると、8回契約にしておき満足したら解約という方法がよいかもしれません。
5回ならスピード完了プランでは10ヶ月、通常プランなら1年3ヶ月になります。8回ならスピード完了プランでは1年4ヶ月、通常プランなら2年です。

アリシアクリニックの全身脱毛は顔、VIO含む?

全身脱毛プランに顔が含まれているプランはありません。VIOは、「含まれていない」「残して整える(ビューティ)」「ハイジニーナ(スムース)」の3つから選べ、料金が異なります。

アリシアクリニックの全身脱毛料金

全身脱毛5回(顔、VIO除く) スピード完了プラン318,750円
通常プラン31,500円
全身脱毛ビューティー5回(顔含まず、VIO含むが、VIの脱毛範囲が狭い) スピード完了プラン360,000円
通常プラン330,000円
全身脱毛スムース5回(顔含まず、VIOはハイジニーナ) スピード完了プラン347,140円

4位 湘南美容外科

CMなどでも知名度の大変高い湘南美容外科です。全国的に院数が多く、通いやすいのも特徴的でしょう。

湘南美容外科で使用しているマシンは?

ジェントルレーズ、ウルトラ美肌脱毛(ドクターパルス脱毛)、男性のみメディオスターが利用できます。ジェントルレーズはメラニンにのみ反応し、高い効果がありながら皮膚ダメージは最小限に抑えられます。ウルトラ美肌脱毛は、エステサロンでも使われるIPLレーザーを照射していきます。院によって導入している脱毛機が異なるため、確認しておきましょう。

湘南美容外科の全身脱毛完了までの期間と回数は?

6回の照射で、平均的に7割程度の毛が減ります。ツルツルになるまでには9回が目安回数となります。ただ、湘南美容外科では1~3回目までは2ヶ月間隔、4回目、5回目は3・4ヶ月間隔、6回目以降は6ヶ月以上の間隔で照射していきます。そのためほぼムダ毛が気にならなくなる5回目までの期間を見ておきましょう。5回目までは1年から1年2ヶ月程度です。それ以降は半年間隔で生えてきた毛を照射することになります。湘南美容外科は、脱毛の期限などもないので、期間をあけてしぶとく生えてきた毛があっても安心です。

湘南美容外科の全身脱毛は顔、VIO含む?

顔、VIOを含むコース、含まないコースを選択できます。

湘南美容外科の全身脱毛料金

全身脱毛(顔、VIO除く)3回 149,800円
全身脱毛(顔、VIO含む)3回 179,800円
全身脱毛6回(顔、VIO除く) 298,000円
全身脱毛6回(顔、VIO含む) 348,000円

*いずれもキャンペーン価格のため、変更になることがあります

決められない!部分脱毛と全身脱毛どっちがいい?

料金を抑えて完了したいならやっぱり全身脱毛

部分脱毛は気軽にスタートできますが、ひじ下をすませたらひじ上がどうしても気になるといったことが起こります。きれいになった部位と、そうではない部位の境が目立つようになり、
さらに、きれいになった部位を見て、他の部位もきれいにしたい!と思うようになります。

自己処理をしなくていい、という快適さにも気づき始めます。

しかし、脱毛していない部分を後から追加で契約すると、やはりまとめて全身脱毛するより割高になってしまうでしょう。

「もしかしたら、ここも脱毛したくなるかも」と感じる場合は、脱毛範囲を広くしておくほうがよいでしょう。全身脱毛専用サロンも登場しています。全身のみに特化していることで、料金はお得なケースが多いです。

医療脱毛クリニックでも脱毛範囲が広いほど、やはり割安になります。医療脱毛クリニックは料金が高いので「全身脱毛するのは、ちょっと」とためらう方も多いです。しかし、後から照射範囲を追加していくよりは、最初に全身脱毛で契約したほうが結果的に料金を抑えられます。

全身脱毛のメリット、デメリット

全身脱毛のメリット 全身脱毛のデメリット
  • まとめて広範囲を照射できる
  • 部位ごとの料金よりも安く抑えられる
  • 自己処理から解放される
  • ムダ毛がある場所が残らない
  • 処理時間が長くかかる場合がある
  • 分割して照射するなら何度も通う必要がある

部分脱毛のメリット、デメリット

部分脱毛のメリット 部分脱毛のデメリット
  • 分脱毛のメリット
  • 気軽に脱毛にトライできる
  • 必要な部位だけ脱毛できる
  • 1回の処理時間は短い
  • 抜けていない部位があると気になる
  • 気になる部位を追加すると料金が多くかかる

脱毛サロンと医療脱毛それぞれ適しているのはこんなタイプ

脱毛サロンと医療脱毛、どちらで脱毛するか、難しい問題ですよね。脱毛サロンでの脱毛は、痛みが少なく低い料金でスタートできることが大きな特徴でしょう。また美肌効果なども期待できます。医療脱毛クリニックでの脱毛は、効果が高く回数が少なくて済みます。ただ、照射の出力が高いので、痛みも伴います。さらに1回あたりの料金は脱毛サロンよりも高めです。

脱毛サロンに適している人はこんな人
  • 痛みが苦手な方 料金
  • 特に初期費用を抑えたい方
  • 美肌も目指したい方
  • 脱毛完了を急いでいない方
医療脱毛クリニックに適している人はこんな人
  • 早く脱毛を完了したい方
  • まとまった費用を準備できる方
  • 痛みに耐えられる、または麻酔の利用は問題ない方

最近では、脱毛サロンや医療脱毛クリニックでも乗り換え(脱毛サロンなどから別の脱毛サロンや医療脱毛クリニックへ脱毛するところを変更する)割引を採用しているところもあります。そのため、「一度ここで脱毛を始めたら、同じところで完了しないと!」と厳格に考える必要はありません。しかし、解約すると解約料がかかることもあります。

トライアルやテスト照射がある脱毛サロンや医療脱毛クリニックなら、無料だったり、格安料金で脱毛を試せます。トライしてから契約したほうが、「こんなはずじゃなかった!」という後悔を減らせるでしょう。

脱毛効果が決まる3つのポイント

脱毛するからには、しっかり脱毛効果があるところを選びたいですよね。脱毛効果は、実際に照射してみるとつかめるものの、毛や肌の状態などでも個人差が表れやすいでしょう。ただ、確実に抜ける脱毛サロンや医療脱毛クリニックを見分けることはできます。それはこの3点です。

脱毛マシンの種類

マシンは出力レベルの違いや、熱ダメージ式、蓄熱式などの脱毛方式の違いによって、脱毛効果が異なります。毛根にダメージを与える、メラニン色素に強く反応するタイプの機械は、やはり効果が高く出ます。蓄熱式の脱毛機は、毛根ではなく発毛を促す因子を作るバルジ領域にダメージを与えていきます。蓄熱式は、あまり抜けると感じず毛が生えるペースがどんどん遅くなり、結果としてムダ毛が減っていると感じることが多いでしょう。

そのため、抜けた!と実感できるのは毛根にダメージを与えていくタイプの脱毛機です。脱毛サロンで採用されているIPL脱毛機、医療脱毛クリニックの熱破壊式ダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーなどが、このタイプです。蓄熱式も抜けないというわけではありませんが、照射後の抜けるタイミングが熱破壊式よりも遅いため、すぐに抜けたと感じない方も多いのです。ただ、蓄熱式は産毛などにも高い効果を発揮します。

脱毛マシン出力の高さ

脱毛機の出力を高くすれば、その分脱毛効果は高まります。ただし、とにかく高くすればよいというものではありません。出力を上げると、痛みも当然強くなります。さらに、やけどなどの肌トラブルを引き起こすおそれも出てきてしまうでしょう。

脱毛機の出力の高さは、ジュールで表記します。家庭用脱毛機では6ジュール程度、脱毛サロンでは最高で20ジュール程度といわれています。(家庭用脱毛機でも、トリアなら20ジュールまで出力可能です)医療脱毛クリニックで利用するダイオードレーザーでは、60ジュール程度、アレキサンドライトレーザーでは30ジュールまで出せるものが多いです。

ただ、この数値をいっぱいまで出力することは少なく、(激しい痛みを感じたり、トラブルになったりするため)ダイオードレーザーなら40ジュール、アレキサンドライトレーザーなら20ジュール以下程度が照射できる最大値と考えておくとよいでしょう。太い毛の照射なら14ジュール、産毛なら40ジュール程度まで照射可能な機械であれば、きちんと脱毛効果を望めます。

スタッフの技術レベル

照射担当者の技術力も脱毛効果につながります。高い技術があるスタッフは、体毛や脱毛のしくみなどをきちんと学んできています。最大限に効果が得られる出力で照射していくことも可能でしょう。また、打ち漏れがないというのも重要な点です。打ち漏れが起こった部分があれば、そこは照射できていないため、抜けません。医療脱毛クリニックや脱毛サロンでも打ち漏れが起こった場合に、料金がかからず再照射できるところもあります。(照射後〇日までに申し出るなどの期限があるので要注意)

照射時に痛みを感じにくいように掛け声や会話などを取り入れてくれるかどうかも、スタッフのレベルにつながる点ですね。総体的に技術や接客力が高い、低いというのはどうしてもあります。無料カウンセリングを利用して、脱毛サロンのレベルを確かめたほうがよいでしょう。また、スタッフ間で、脱毛技術に差がある脱毛サロンや医療脱毛クリニックもあります。担当者がどうしても合わない、思ったような対応ではない場合などは、変更をお願いしてもよいかもしれません。

やっぱり脱毛は痛みが強い?

初めて脱毛をする人は、痛いのかどうか、気になりますよね。
脱毛の痛みについて、調べてみました。

なぜ脱毛で痛みを感じるの?

光脱毛やレーザー脱毛の施術をためらう理由として、痛みがありますよね。なぜ痛いのか、それは高熱の光が照射されることに理由があります。レーザー脱毛では200℃、光脱毛では70℃の熱が毛根付近に当たります。光が当たるのはほんの一瞬ですが、やけどをしたような痛みを感じたり、痛みに耐えられなかったりするのは当然ともいえるでしょう。

特に、脇やVIOのような太い毛が生えている部位は、強い痛みを感じます。痛さをレベルで表現するのは難しいですが、手が汗でびっしょりになったり、人によっては会話もできなくなるくらい痛い、という人もいます。

また顔のように毛は産毛でも脂肪が少なく皮膚が薄い部位も痛みがあります。

ただし、脱毛機も痛みへの対策がとられているものも増えています。肌を冷却し、一定以下の温度にならないと照射できない機械などもあります。蓄熱式脱毛機のように低温を繰り返し照射することでダメージを与える方法も、痛みは少ないでしょう。また、ジェルを厚く塗って痛みを軽減できる方法もあります。

VIOを施術する際の痛みの軽減方法

脱毛部位の中でも特に痛いといわれるVIO。どのような対策を脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは取っているのでしょうか。VIO照射のときに、声掛けをしてくれるところが多いです。照射の直前に「ハイ」「ハイ」と声を掛けてくれるところや、「1、2、3」と照射のタイミングが分かるようにしてくれるところが多いです。会話などを上手に入れてリラックスさせながら、照射していくなど担当者の技術の高さも関係してきそうですね。また、ゆっくり照射していくことで、痛みを軽減してくれるところもあります。

医療脱毛クリニックでは、麻酔を利用することができます。表面麻酔や笑気麻酔などで、無料から有料のところまで料金システムは様々です。ただし、照射する際には冷やすなどで痛みに対応しようとするクリニックが多く、麻酔をできるだけ利用しないケースがほとんどです。麻酔を希望しても、積極的に使わないという医療脱毛クリニックもあるようです。そもそも麻酔の説明がなく、できることを知らないまま痛みに耐えたという方もいます。そのため、痛みがどうしても気になる方は、医療脱毛クリニックの麻酔への対応をカウンセリングできちんと確かめておきましょう。

忘れてはいけない!通いやすさも脱毛では大切

脱毛サロンや医療脱毛クリニックの選び方は、料金や脱毛効果、痛みなどを中心に選ぶと失敗を防げます。さらに通いやすさも絶対にチェックしておきましょう!脱毛サロンや医療脱毛クリニックの通いやすさとは、アクセス(最寄駅に近い、仕事帰りに立ち寄れるなど)だけではありません。脱毛は1回で完了!とはならないですし、2~3ヶ月に1回程度のペースで通い続ける必要があります。

たとえば、脱毛サロンなら複数の店舗、医療脱毛クリニックなら複数院がある場合、どこで予約を取ってもOKというところがあります。仕事の後に予約が取れないから、休日に自宅近くで脱毛ができれば自分のスケジュールに脱毛を組み込めます。

他にも、予約自体が取りやすいかどうかも大切です。WEBだけで予約が取れるところ、電話や来店(来院)でないと取れないところなどがありますね。またWEBで予約は取れるけれど、混み合う日なら電話や来店でないと確実に希望日を取れるかどうかわからないというところもあります。予約システムの確認だけでなく、口コミなどでも確実に予約をとれるかどうかを確かめましょう。

また、体調の変化や生理(生理中にはVIOはどこでも照射できません。それ以外の部位は対応しているところが多いですが、体調面からも照射は避けたほうがよいこともあります)悪天候などで急なキャンセルをすることもあるでしょう。そんなときキャンセル後の予約を取れず、ずっと先の日程になってしまう脱毛サロンや医療脱毛クリニックもあります。

カウンセリング後などの初回は、たいてい予約はスムーズに取れます。しかし2回目以降になると、なかなか取れないというところも少なくありません。順調に脱毛を進めている人が多い脱毛サロンや医療脱毛クリニックなのかを、口コミなどでしっかり確かめたほうがよいですね。

大学生の脱毛事情調査

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、学割、友達割があるところが多く、大学生が脱毛に通うのは実はメリットはとても大きいのです。自己処理の回数が多くなるほど、肌の状態が悪くなります。早い段階でプロに任せるのは、肌の点からも良いことなのです。

20代の何割が脱毛をしているの?

統計によると、全身を医療脱毛クリニックや脱毛サロンで脱毛した方は15.7%、部分的にエステや医療脱毛クリニックで脱毛した方は47.2%です。合わせると62.9%の方が脱毛サロンや医療脱毛クリニックでの脱毛経験あり!ということになります。
参考サイト:リビング暮らしHOW研究所(https://news.mynavi.jp/article/20170712-a138/)

大学生に限定すると3割程度が脱毛に通っているという結果です。やはりネックは費用ということになるでしょうか。ただ、脱毛サロンなら月額払いや都度払い、医療脱毛クリニックなら医療ローンなども利用できます。
参考サイト:アリシアクリニック(https://www.aletheia-clinic.com/enquet/1807/)

どれくらい脱毛にお金をかけてる?

2012年のデータでは、調査結果で大学生が自己処理(カミソリやクリームなど)にかける費用は、1年あたり2,506円となっています。現在20代の大学生が40年間ムダ毛の処理を継続すると、その費用は100,240円にも上ります。脱毛サロンや医療脱毛クリニックの脱毛は高い!と思われがちですが、脱毛完了すればそこから追加費用もかからず、手間もかかりません。

参考サイト:株式会社エム・シーネットワークスジャパン(https://www.excite.co.jp/News/release/20120719/Prtimes_2012-07-19-5433-1.html)

小・中・高生たちの脱毛事情調査

小学生の脱毛事情

小学生でも高学年になると、ムダ毛が気になる女子は増えてきますね。小学生でもOKという脱毛サロンも登場しているのをご存じでしょうか。子どもが脱毛と聞くと「まだ早い!」と感じます。

ことでプールの時間などにからかわれ、悩んでしまう子が多いのも事実です。自己処理はやはりトラブルの元となるので、それならプロに任せて安全に!と考える親も多いのです。ただ費用の点から実際のところは、カミソリ、毛抜き、脱毛クリームなどを使用している子も少なくありません。

中学生の脱毛事情

ほとんどの子が脇などに毛が生えてきて、気になってしまう年代ですね。ちょうど初潮を迎える前後は、ホルモンバランスも変化するため、毛の状態が変化することも多いです。ミュゼなら、生理が来ていれば照射可能となっているので、検討してもよいかもしれません。ただ、やはりまだ剃る、抜く、ワックスやクリームなどでの自己処理が多数派でしょう。

高校生の脱毛事情

高校生になると、ホルモンバランスも整うため、脱毛サロンや医療脱毛クリニックで脱毛しても大人と同様の確実な効果を得られます。16歳以上からOKという脱毛サロンは多数あります。親権者の同意書、同伴、電話確認など各脱毛サロンや医療脱毛クリニックでルールが異なりますが、とにかく親権者が脱毛することに同意していれば、施術可能になります。

格安キャンペーンなどを行う脱毛サロンもあるため、高校生でもお小遣いで通えることも多いでしょう。親も脱毛で苦労していたり、ムダ毛でコンプレックスがあったりすると、サロン脱毛などを容認する傾向があります。自己処理期間が長くなるほど、肌の状態は悪くなります。いきなり全身脱毛するわけにはいかないかもしれませんが、脇、ひざ下などの気になる部位をお試しプランで少しずつ処理する高校生も増えています。

男性の全身脱毛事情

ヒゲだけは脱毛サロンや医療脱毛クリニックで、という男性が主流でしたね。しかし、今はVIOやおへその下(いわゆるギャランドゥ)なども人気の部位です。他にも胸毛、すね毛(ひざ下)なども脱毛する男性は増加の一方でしょう。気になる部位が増えるにつれて、「やっぱり全身脱毛してしまおう!」という方も少なくありません。

男性の全身脱毛プランでは、ヒゲ、VIO(そもそもデリケートゾーンの脱毛ができないところもある)などは含まれていないことが多いです。一番気になる部分が脱毛できなかった、ということにならないためにも、全身脱毛プランではどこを脱毛できるのか要確認でしょう。

また男性は女性と違って、完全にツルツルにしなくてよい部位も多いです。毛を薄くするだけでもかなり清潔感がでてきます。

月々安く支払いたい!脱毛料金の支払い方法は豊富

最近は脱毛にかかる額を分割で月額払いにすることで1回あたりの負担を軽くできる支払い方法ができる脱毛サロンや医療脱毛クリニックも増えています。月額分割払いなら、大きな金額を準備しなくても気軽に脱毛をスタートできるメリットも大きいでしょう。

他にも定額料金制もありますね。脱毛完了まで毎月同じ額を支払い続ける方法です。やめたいときにやめられる、解約などの手間もない手軽な方法でしょう。

脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、新規顧客獲得のためのキャンペーンや、学割、友達割や家族割などさらに料金が低くなる割引制度を導入するところも増えていますね。今なら全身脱毛でも、費用を安く抑えられますよ!

友達に全身脱毛を勧めたい?独自アンケートを実施!

全身脱毛について、独自アンケートを実施しました。

年齢層は10代~60代の男女107人。
全身脱毛をするか迷っている!という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

全身脱毛は高いと思いますか?

全身脱毛は「高く感じる」という方が約45%、「とても高い」と感じる方は約20%となり、高いと思っている人は約65%となりました。

全身脱毛は20万~30万かかるので、けして安い買い物ではない、と思っている方が多いようですね。
どこで脱毛するか決める際には、しっかりと調べて決めることをおすすめします。

自分の友達や家族が全身脱毛をしたいと言ったら勧めますか?

なんと、約95%の方が、「全身脱毛を勧める」という結果になりました!

ここで気になるのが、「全身脱毛は高い」と思っている人が「全身脱毛を勧めるか?」というところです。

こちらについても調べてみました。

全身脱毛は高いと思うが、友人に勧めますか?

「全身脱毛はとても高い」を選択した人について

全身脱毛は「とても高い」と答えた人も、約86%が全身脱毛を勧めるという結果になりました。
反対する人は1人もいませんでした。

高く感じるを選択した人について

全身脱毛は「高く感じる」を選択した人については、約96%が全身脱毛を勧めるという結果になりました。

全身脱毛は高くても、やる価値はある、と思っている方がほとんどのようですね。

実際、全身脱毛をすると自己処理をする手間がなくなり、お肌もきれいになるので個人的にもおすすめです。
私の場合は小児アトピーでサメ肌だった肌も柔らかくなり、とても満足しています。

まとめ

全身脱毛の費用が、医療脱毛クリニック、脱毛サロンどちらもリーズナブルになってきています。全身脱毛は、自己処理から解放されたり、すべてまとめてきれいになったりと、メリットがたくさんあります。さらに、広い部位を契約して脱毛することで、部位ごとに契約するよりも費用がぐんと抑えられることが多いのです。

お試しプランやテスト照射、無料カウンセリングなど、脱毛が初めての方も安心してスタートできるシステムが脱毛サロンや医療脱毛クリニックで整っています。「脱毛ってどんなもの?」という方から「全身脱毛でキレイになる!」と決意している方まで、自分に適した脱毛効果の高いところで脱毛完了を目指しましょう。

全身脱毛に関する基礎知識

→ 全身脱毛の種類と特徴
→ 光脱毛の種類と脱毛サロン毎の違い
→ 全身脱毛の知って得する料金システム

部位別の全身脱毛について

→ 意外と大変なフェイス脱毛
→ 自分で出来ない、キレイに出来ない脱毛の代表? 背中の脱毛もはプロにお任せ
→ 意外と人に見られてる・・・! 指先、手足の脱毛

おすすめの全身脱毛サロン!

→ 当サイトおすすめランキングNo1 銀座カラー
→ 予約の取れる脱毛サロン キレイモ
→ 貴女の近くにもきっとある! ミュゼプラチナム

全身脱毛サロンに関する体験談

→ キレイモ・シースリー
→ 銀座カラー・脱毛ラボ・ミュゼプラチナム
→ 皆の全身脱毛失敗談を教訓に!